2012年05月09日

NAS(BUFFALO LinkStation)に格納してあるデータを、外出先のiPhoneから参照出来るようにしてみた

AccessPoint


iPhoneの容量が少ないので、音楽データは入れないようにしていました。
でも、iPodが手元に無い時に、たまにiPhoneで音楽を聴きたくなる時があります。

音楽データは、30GBくらいあるので、Dropboxの無料版やSugarSyncの無料版では足りません。
先日まではSkyDriveが25GBあったので、音楽データを少し削れば入れることが出来ましたが、SkyDriveも今では7GBに減ってしまってます。

いっそのこと、SugarSyncの有料版に手を出してしまおうかと考えていたのですが、ふと思い出したのです。そういえば、自宅で使っているNAS(BUFFALO LinkStation LS-WV3.0TL/R1)に、Webアクセス機能があることを。
Webアクセス機能とは、LinkStationの共有フォルダ内のファイルに、インターネット経由でアクセスできるようにする機能です。

Webアクセス機能を使えば、外出先から自宅のデータにアクセス出来るので、データをiPhoneに入れておく必要がありません。
しかも、NASのディスク容量は1TBオーバーという大容量です。音楽データを入れて、iPhoneで撮影した写真をガンガン入れても、余ってしまうくらいの容量です。

続きを読む




posted by きらっち at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。