2009年03月02日

グミ・チョコレート・パイン

【監督】
ケラリーノ・サンドロヴィッチ

【主な出演者】
石田卓也/大森南朋/黒川芽以

【イントロ】
俺、大橋賢三は会社をリストラされて久しぶりに実家に帰ってきた。さえない気持ちで実家に届いていた手紙をひっくり返した俺は、差出人に“山口美甘子”の名前を発見する。高校時代、死ぬほど憧れたあの子。開封すると、そこにはたった一行、「あなたのせいなのだから」。戸惑う俺。高校時代の友人に電話を掛けた。しかし、再会したカワボンから山口美甘子は死んだと知らされ、俺のショックは深まる。しかも、自殺!どうして?



DVDのケースで上の説明読んだとき、結構面白そうって思ったんだけどね。サスペンス的なものかと思ったんだけどね。全然違うのね(^^;
ちなみに、自分が子供の頃は「グリコ」「チョコレート」「パイナップル」と言っていた気がする。



ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク



posted by きらっち at 21:49 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。