2010年01月25日

ユビキタス・キャプチャー

以前書いた万年筆を会社にも持っていき、メモ書きなどに使っています。使っているうちに、このペンでもっといろいろ書きたいなと思うようになったりします。

会社では「ちょっとしたこと」はメモ用紙に書いて、「ちょっとしたこと」を超えることはパソコンで記録しておくようにしています。
で、書いてるうちに気づいたのですが、意外と紙に書くことって少ないんだなって。
エコ観点で言えば紙の使用量が減るし、パソコンのほうが検索しやすいから便利なんだけど、「もっといろいろ書きたいな」という欲求は満たされませんね。

そこで、ユビキタス・キャプチャーを始めてみようかな、なんて思ったりしました。
ユビキタス・キャプチャーは、日常の出来ごとや気になったこと、ちょっと思いついたこと、忘れてはいけないこと、見聞きしたこと、などなど、何でもいつでもどこでも記録していくことのようです。
これであれば「もっといろいろ書きたいな」の欲求が満たされそうです。
さらに、自分は結構物忘れすることが多いので、キーワードだけでもメモっておくことで、後で思いだすことができて一石二鳥かなって。

会社にはトラベラーズノートの月間ダイアリーと無罫リフィルを持っていくのですが、この2冊にもう1冊リフィルを追加して、それをユビキタス・キャプチャー用にしようと考え、方眼リフィルを買ってきました。が、リフィルを買った帰りに無印良品に寄って文具コーナーを見ると、モバイルノートという小さなノートが売ってて、持ち歩きに便利そうなサイズです。結局、そのモバイルノートをユビキタス・キャプチャー用のノートにしました。買ってしまったトラベラーズノートのリフィルはまた別の機会に使うことにします。
ユビキタス・キャプチャーを行っていくうちに、書くことが楽しくなって、実用的だと思えるようになって、たくさんの事柄を書くようになって、ってなったらMDノートなんかに乗り換えてみたいなとも思ってます。

ユビキタス・キャプチャーはいつでもどこでも記録できることが前提なので、例えば、キー入力が早ければ携帯電話やiPhoneなどでもいいのかもしれません。ただ、その情報をネット上のどこかに保存しようとした時点で接続時間で待たされるという状態になるので、その点を使う人がどう考えるかですね。

とりあえず、自分はモバイルノートと万年筆でユビキタス・キャプチャーやってみます。



ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク



posted by きらっち at 21:24 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。