2010年10月31日

さまよう刃

【著者】
東野圭吾

【イントロ】
長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の帰りに、未成年の少年グループによって蹂躙された末の遺棄だった。謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、突き動かされるように娘の復讐に乗り出した。犯人の一人を殺害し、さらに逃亡する父親を、警察とマスコミが追う。正義とは何か。誰が犯人を裁くのか。世論を巻き込み、事件は予想外の結末を迎える。
(うら表紙より)

参考


さまよう刃 (角川文庫)



ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク



posted by きらっち at 20:24 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。