2011年01月26日

美しき凶器

【著者】
東野圭吾

【イントロ】
安生拓馬、丹羽潤也、日浦有介、佐倉翔子。かつて世界的に活躍したスポーツ選手だった彼らには、葬り去らなければならない過去があった。四人は唯一彼らの過去を知る仙堂之則を殺害し、いっさいのデータを消去。すべてはうまく運んだかに思われたが…。毒ぐものように忍び寄る影が次々と彼らを襲った。
(うら表紙より)

参考


美しき凶器 (光文社文庫)



ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク



posted by きらっち at 21:30 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

東野圭吾『美しき凶器』
Excerpt: 美しき凶器光文社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『美しき凶器』を紹介します。安生拓馬・丹羽潤也・日浦有介・佐倉翔子の4人は、自分たちの悪しき過去(ドーピング)を隠蔽するために、仙道之則宅に..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2011-02-08 18:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。