2011年02月12日

NAS、やっかいだな

年末にBUFFALOのLinkStationシリーズ LS-WV3.0TL/R1というNASを購入したことを書きましたが、そのNASのエラーランプが点灯し始めました。
点灯回数を数えてみると、どうやらE13というエラー。

念のため、NASNavigator2で見たところ、以下のエラーメッセージ。
----
 障害:
 E13:1番のRAIDアレイでエラーが発生しました。
 情報:
 I12:RAIDのデグレードモードで動作中です。
----
どうやら、ディスクが1つ壊れた模様。

このNASは使用開始直後から、急にディスク参照できなくなる症状が出てました。
そんな時は電源スイッチで電源OFFにするのですが、それでも電源が落ちないことが多々。
そんな時はしかたないので電源ケーブルを抜いて電源を落としていたわけです。

「急にディスク参照できなくなる」という症状は1度や2度じゃありません。
2ヶ月も経たない間に、何回もです。そして、今回はディスクの故障。。。もう一度書きますが、2ヶ月も経たない間にです!むかっ(怒り)
そりゃ、ハードディスクはいつ壊れても仕方がないハードウェアなので、1ヶ月も経たないで壊れることがあることも分かっているのですが、それでもやっぱり悔しいです。
以前にもBUFFALOの外付けハードディスクを購入して1ヶ月も経たないうちに壊れた経験があります。
BUFFALOと相性悪いんですかねぇ。。。

ディスク買い直すとなったら、相当の出費です。
いろいろ買わなきゃいけないものがあるのに、それに合わせるようにディスククラッシュ。このタイミング、ほんとやめて欲しい。もぅ金無いよもうやだ〜(悲しい顔)



ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク



posted by きらっち at 17:10 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。