2011年03月30日

東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ

昨日のチャリティーマッチはカズのゴールが大きく取り上げられていますね。
別にカズが好きなわけではないですが、ああゆうところで決めるのは、さすがだなと思ってしまいます。
これからも頑張ってもらいたい選手の一人ですね。
復興には時間がかかるかと思うので、サッカーに限らず日本全体で、継続的に支援していきたいですよね。

で、今回はチャリティーマッチということで、明るい話題、元気・勇気、前に進むキッカケ、団結力を示すことなどが主な目的なので、試合内容をどうこう言うのは違うのかもしれませんが、日本代表の後半の試合内容は、前半に比べて見劣りした感がありました。

Jリーグ選抜は、急造チームです。
代表経験者がたくさん居たので意識を共有できる部分が多かったかもしれません。
スキルの高い選手がたくさん居たので即興でも合わせられる部分が多かったかもしれません。
被災地の方々になんとか力を与えたいという気持ち・気迫が強かったかもしれません。
でも、やっぱり急造チームだと思います。

そのチームを相手に、後半メンバーでも、もう少し迫力のある攻撃をして欲しかったなぁと。
代表チームにも今まで呼ばれることや試合で使われることが少なかった選手も居たかとは思いますが、それでも、1月の大会前から一緒に練習していて、少なくとも、今回のJリーグ選抜よりも一緒に練習している時間は長いんじゃないかと思います。

ブラジルW杯の予選も、あっという間に始まってしまうと思います。
前半に出場したメンバーだけで乗り切れるものではないと思います。
全体的な底上げが必要ですよね、きっと。



ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク



posted by きらっち at 18:19 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。