2011年05月02日

Zumo Driveのアカウントも作ってみました

オンラインストレージサービスの1つである、Zumo Driveのアカウントを作ってみました。

作成方法を簡単に書いておくと、
まずZumo Driveの公式サイトにある、「Zumo Driveを取得する」にアクセス。
すると、クライアントアプリのセットアップファイルがダウンロードされます。
ダウンロードされたセットアップファイルを実行。
クライアントアプリがインストールされたら、そのアプリを実行します。
アプリの指示にしたがって、必要事項を入力していくと、アカウントが作成できます。
途中で、適用するプランを問われるので、とりあえず、無料プラン(容量1GB)を選択しておくと。

こんな感じで、割と簡単に作成できます。
Zumo Drive無料プランの初期容量は1GBです。でも、Zumo Driveからの課題をクリアしていくと、2GBにアップできます。
課題といっても難しいことはなく、ツアーを実行したり、ファイルをアップロードしたりと、ごくごく簡単なものです。
なので、実質、無料プラン=容量2GBですね。

Zumo Driveは、DroopboxやSugarSyncとは少し違います。
自分のPC内にデータを残さなくても、オンラインストレージにファイルの残しておけるのです。
自分のPCの空き容量を消費しないので、その点はメリットですね。
逆に、自分のところにデータを残しておかないと、オンラインストレージ側の不具合でデータが消えてしまった時に、復活させられない可能性もあります。
Dropboxのような同期型が良いのか、Zumo Driveのようなのが良いのか、悩ましいところですなぁ。

Zumo Driveのストレージは、自動的にZドライブにマッピングされるようです。
自分の場合、既に、ZドライブにNASの共有フォルダをマッピングしていたため、当初はZumo Driveが使えませんでした。
NASの共有フォルダを別ドライブにマッピングしたところ、Zumo DriveがZドライブにマッピングされるようになり、無事にZumo Driveが使えましたが、Zumo Driveのストレージをマッピングするドライブが選べるといいな、と思いましたね。

各オンラインサービスには、それぞれメリット/デメリットがあるかと思いますが、自分の目的にあったものがあれば、使ってみてください。

Zumo Driveにも、誰かを招待すると、ボーナスが貰えるようです。
興味がある方は以下のページに書いてある、紹介用リンクから
アカウント作成していただければと。
各種オンラインストレージサービスの招待用URL一覧

ちなみに。
Dropboxの招待用リンクとSugarSyncの招待用リンクも、上のページに
記載してますので、そちらも、よろしければ、ご利用ください。

当ブログ内の関連記事もどうぞ



ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク



posted by きらっち at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア・サービス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。