2011年05月04日

ZumoDriveで音楽データのストリーミング再生をやってみた

とあるところで、ZumoDriveのiPhoneクライアントを使うと、音楽データのストリーミング再生が出来るという記事を見たので、自分でも実際に試してみました。

まずは、PCのiTunesのフォルダ内から、とりあえず3曲分の音楽データ(MP3)をZumoDriveにコピー。
次に、iPhoneのZumoDriveクライアントで同期(アプリ立ち上げると勝手に同期してくれる)。
続いて、iPhoneのZumoDriveクライントで音楽データを表示。
で、表示した曲を再生してみる。
と、音楽が再生されました。

いや、まぁ、知ってる方にとっては当たり前なんでしょうけど、実際に正常に再生されると嬉しいもんですね。
再生までの手順は単純で、面倒なことはありませんでした。

再生して分かったことをいくつか挙げておきます。

  • アルバム名は英語も日本語も正常に表示された
  • アーティスト名も英語も日本語も正常に表示された
  • 曲タイトルは、英字のものは正常に表示されたが、日本語のものは一部文字化け。全ての日本語が文字化けってわけじゃないので、何が問題なのか。。。
  • ジャケ写は設定してあったジャケ写が正常に表示された
  • 1曲終わると、次の曲が自動的に再生されたので、連続再生もOK
  • バックグラウンド再生もOK
  • RSSリーダーでの通信中でも正常に再生
  • 3曲聴いた限りでは音が引っ掛かる感じは無し
  • 3G通信時も音が引っ掛かる感じは無し
  • スリープボタンを押しても再生され続ける


3G回線でもちゃんと再生されたことと、バックグラウンド再生も出来ることから、実用上の問題は無さそうですね。
iPhoneのディスク容量は、多くても32GBしかないので、少しでもディスク容量を抑えたいということであれば、ZumoDriveは使えそうです。
iPhoneのローカルディスクを消費することなく、音楽データを持ち歩けるのは助かります。

ただ、ZumoDriveの無料版は2GBしかないんですよね。有料版にすれば容量は増えるけど、そこまでするつもりないし。
机上計算では2GBだと300〜400曲程度しか入れられないので、ZumoDriveにコピーする曲数を絞る必要があります。
その絞り込み作業がチョットめんどいなぁと思ったりします。

ZumoDriveを使ってみたい方は、以下の招待URLから始めてもらえると嬉しかったりします。
http://zumo.cc/dr/dir/1eh7NmFjNm

当ブログ内の関連記事もどうぞ



ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク



posted by きらっち at 11:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iPhone/iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。