2011年06月05日

「同級生」読みました

【著者】
東野圭吾

【イントロ】
修文館高校三年の宮前由希子が交通事故死した。彼女は同級生・西原荘一の子を身ごもっていた。それを知った荘一は自分が父親だと周囲に告白し、疑問が残る事故の真相を探る。事故当時、現場にいた女教師が浮上するが、彼女は教室で絞殺されてしまう。
(うら表紙より)

参考


同級生 (講談社文庫)



ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク



posted by きらっち at 22:20 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

東野圭吾『同級生』
Excerpt: 同級生講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『同級生』を紹介します。宮前由希子が交通事故で亡くなった。それを探る主人公の西原荘一は、この交通事故に何か裏が隠されているのではないかと思い、そ..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2011-07-18 08:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。