2011年07月26日

2つのMS Officeファイルの差異を調べたい

Microsoft Officeファイルの差異を調べたいことありませんか?
例えば、2つのExcelファイル(.xlsファイル)があるんだけど、
どの部分に変更が加わっているかを調べたいとか。

Wordだったら、Word自体に、2つの文書を比較する機能が、
備わっているんだけど、ExcelやPowerPointって、そうゆう機能が
無いですよね?
今まで、2つのファイルを表示して目視で見比べたり、ファイルの
内容をコピペでテキストファイルにしてから、そのテキストを比較
したり、という方法で差異を調べていました。
でも、目視だと見落としがありそうで不安だし、
テキストに変換する場合だと手間がかかるし、
と作業方法としてはイマイチでした。

そこで、「WinMerge」と「xdocdiff WinMerge Plugin」を導入して
みることにしました。

WinMergeはフォルダやファイルの比較が出来て、マージまで出来る
というソフトのようです。また、xdocdiff WinMerge Pluginは、
Excel/Word/PowerPoint等々のファイルを比較して差異を表示して
くれる、WinMerge用のプラグインです。

実際に、Excelファイルを比較してみたのですが、場合によっては
結構使えそうです。
WinMergeの上半分ががLocation Paneというエリアのようで、
ここは、ファイル全体に対して、どの辺りに差異があるのかを
見るためのエリアのようです。
下半分がDiff Paneというエリアのようで、ここでは、詳細な
変更箇所を見るためのエリアのようです。
Diff Paneでは、「ある1行の中の、この部分が変更されている」
というのを色付きで表示してくれます。変更箇所が一目瞭然で、
すごく便利です。

1つ注意しなければいけないのが、これらのツールでは、
「セルに網かけした」とか、「文字サイズを変更した」といった
書式の変更までは、差異として認識してくれません。
あくまでも、記載内容(テキスト)のみを比較するようです。

場合によっては、WinMerge+xdocdiff WinMerge Pluginだけで
完結させるのが難しい場面もあるかとは思いますが、これらの
ツールを使って差異を出しておいて、その情報を基に、
元のOfficeファイルをチェックすると、作業効率が上がるような
気がします。

WinMerge、xdocdiff WinMerge Pluginともに無料で使用できます。
Officeファイルの差異を調べたい方は使ってみてはいかがでしょうか。

参考




ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク



posted by きらっち at 19:00 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア・サービス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。