2011年08月22日

OneCamを使い始めました

ごめんなさい、静音というものを軽くみてました。

巷では、iPhoneアプリ「OneCam」が人気のようですね。
OneCamは、静音で、連写が出来て、位置情報(ジオタグ)も付けられ、
手ぶれ軽減が実装されていて、フォーカスと露出の個別指定などが
出来るカメラアプリです。
ただし、写真の最大サイズは、1280x720ピクセルまでとなっています。

いろいろな機能が実装されているOneCamですが、その中でも、静音と
ジオタグが重宝されているようでした。
でも、自分としては、静音ってそんなに重要かな?と思ってたんです。

標準のカメラアプリは確かにシャッター音は鳴りますが、本体の音の
出る部分を指で押さえれば音量は抑えられるし、外で使う時は周りの
音のほうがうるさくて、シャッター音なんか気にならないのではないか
と思ってたのです。
それよりも、自分としては、標準カメラアプリで撮影した写真サイズに
比べて、小さいサイズの写真しか撮影できないことのほうが気になって、
購入に踏み切れませんでした。

しかし、先日、セールを行っていたようで、定価よりも安価で販売
されていたので、思い切って購入してみました。

そして、少し使ってみた結果。。。
ごめんなさい。静音ってすごいですね!
皆さんが言われるように、気兼ねなく写真が撮れます。
音が気になる場面でも、音の出る部分を押さえるという手間が省けて、
写真撮影が楽になります。
今までの方法でも問題は少なかったですけど、この快適さ・この便利さ
を体験すると、やっぱり今までの方法は面倒臭かったんだなと実感させ
られました。

撮影した写真の転送についても触れておきたいと思います。
OneCam自体には、撮影した写真をクラウドに転送する機能はありません。
その代わり、iPhoneにPictShareがインストールされていると、
そのPictShare経由でクラウド上に写真を転送できます。
OneCamからPictShareを起動、PictShareから写真を転送、というのが
大まかな流れです。
これまた、便利です!
自分は、iPhoneで撮影した写真をEvernoteに入れてるんですが、
今まではEvernote公式アプリを使って転送してました。
しかし、OneCam+PictShareのタッグを使うことで、その場で、簡単に、
Evernoteへのアップロードが出来るようになりました。

そして、購入前から気になっていた、写真サイズの件ですが、
たしかにブログにアップするための写真であれば、充分なサイズです。
しかし、やっぱり、もっと大きいサイズで撮影しておきたいなと思って
しまいます。
小さな写真を大きくすることは出来ますが、大きくすると画質が低下する
ような気がします(逆に、大きな写真を小さくする分には画質低下は気に
ならない気がします)。
大きなサイズの写真が有れば、(多少面倒くさいですが、)好きな時に、
好きなサイズにリサイズすればいいだけのことです。
……と今は思ってます。でも、今後、OneCamをもっと使っていくうちに、
考え方が変わる可能性もありますけどね。

参考

icon
icon
OneCamOneCam[連写,静音,ジオタグ]

icon
icon
PictShare - multiple photos/movies uploader

当ブログ内の関連記事もどうぞ




ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク

タグ:OneCam iPhone


posted by きらっち at 19:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iPhone/iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。