2011年10月24日

劇団K助の「ウェディング&ハプニング」を観てきました

10/22に、東京中野の中野 ザ・ポケットで行われていた、
劇団K助の「ウェディング&ハプニング」(作・演出 金沢知樹さん)
というお芝居を観に行ってきました。

先に感想から言ってしまうと、すごく面白かったです。
笑いあり、涙ありで、観客を飽きさせないお芝居でした。

お芝居の内容は、
結婚式直前の新郎新婦のお話し。その新郎には借金がありました。その借金を返済するために、新郎と新郎の弟は、新婦に内緒で、結婚式当日に、ある計画を実行します。計画を実行している最中に様々なハプニングが起こります。そのハプニングを回避して計画を成功させるため、嘘に嘘を重ねて、次第に収拾がつかなくなっていく。
という感じのお芝居です。

「さっき言っていたことや、さっきの行動は、ここのための伏線だったんだな」みたいなものが、いくつかあって、それも面白かったです。
そして、当たり前なのかもしれませんが、みなさん芝居が上手いです。最後のほうでは、ハンカチで目頭を押さえている観客が何人もいました。
この公演には皆口裕子さんも出演されていたのですが、皆口裕子さんの声はかわいいですね。年齢を感じさせない(と言っては失礼でしょうか)声で、あの声があるから成り立つ部分もありましたね。

今回の公演は10/23が千秋楽だったそうですが、最終日もチケット完売だったそうです。
残念ながら、すでに終わってしまったため、「観に行ってみて」と言えないのですが、劇団K助という名前を頭の片隅に置いておいていただき、お近くで公演されるようなことがあれば、1度観に行かれてみてはいかがでしょうか。

当ブログ内の関連記事もどうぞ


ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク



posted by きらっち at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。