2012年04月04日

IMEを、Japanistの便利機能を諦めて、JapanistからMS-IMEに変えた

パソコンのキーボード


先日、社給PCがWindowsXPマシンからWindows7マシンになったことを書きました。

これまで社給PCには、富士通のJapanist2003というIMEをインストールして使用していました。
このIMEはクセがありますが、このシリーズをずっと使ってきた自分としては、これが使いやすいんです。
特に便利なのが、以前にも書きましたが、日本語入力時に「X」キーを押すと、長音記号の「ー」が入力出来る点です。
左手中指をちょいと下にズラすだけで「ー」が入力出来るのが便利過ぎて、Japanistを手放せずにいたんです。

Japanist2003はWindows7にも対応しているので、新しい社給PCにも入れることは出来るのですが、ちょっと思うところがあって、しばらくJapanistのインストールを控えます。
というのも、Japanistってしばらくバージョンアップしてないようなんですよね。アップデートだけでWindows7に対応しているようだし。
アップデートだけで新OSに対応してくれるのは、追加費用がかからなくて良いのですが、Windows8以降のOSもサポートするか分からない状況なんですよね。急に新OSがサポートされなくなったら、困っちゃいます。年取ってから新しいIMEに慣れるのって大変そうなので、今のうちから別のIMEに慣れておこうかと。そんな思いがあって、Japanistのインストールを控えています。

今はOS標準でインストールされているMS-IMEを使ってます。まぁ、なんとか使えていますが、やっぱり長音記号「ー」の入力時に「X」を押しちゃうんですよねぇ。

参考


Japanist 2003 (Amazon)

当ブログ内の関連記事もどうぞ




ここまでお読みいただいた皆様

もし当ブログの内容に興味をお持ちいただけましたら、
RSSリーダーへの登録RSSリーダー登録を、よろしくお願い致します。

以下のソーシャルメディアもやっておりますので、
よければフォローお願い致します。
twitter : @kiracchi

スポンサード リンク



posted by きらっち at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア・サービス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。