2010年01月24日

カールじいさんの空飛ぶ家

【監督】
ピート・ドクター

【主な声優(吹替)】
飯塚昭三/立川大樹/大木民夫

【イントロ】
世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか?思い出を抱えたまま、残りの人生をひとり寂しく生きていくか。あるいは、悲しみを乗り越えるために、ひとり旅に出るか…。最愛の妻を失い、ひとりぼっちで残され、人生に行き詰まったカールの場合、思いもよらぬ方法をとりました。
(公式サイトより)



面白かったです。ほろっとさせられる場面もあり、笑える場面もあり。
3D版で観たのですが、なんだか少し目が疲れた気がします。気のせいかもしれませんが。




posted by きらっち at 23:02 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月05日

インスタント沼

【監督】
三木聡

【主な出演者】
麻生久美子/風間杜夫/加瀬亮

【イントロ】
担当していた雑誌が休刊になり、出版社を辞めることになった編集者の沈丁花ハナメ。ドロ沼のようなギリ貧人生をやり直そうと、身の回りの荷物を処分した矢先に衝撃の手紙を発見!
(公式サイトより)



まぁなんというか、不思議な時間というか。三木聡作品っぽいという感じですね。

posted by きらっち at 20:45 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月03日

HAPPY FLIGHT

【監督】
矢口史靖

【主な出演者】
田辺誠一/時任三郎/綾瀬はるか

【イントロ】
たくさんの人々が出入りする巨大な空港。上空には一日何百機という飛行機が行き交い、発着しています。ある日のホノルル行きチャーター便に関わるたくさんの人々。パイロット、キャビンアテンダント、グランドスタッフ、管制官、オペレーションセンター、整備士そして乗客らが、定刻の出発に向けてそれぞれ準備をしています。天気は良好、白く輝くジャンボジェット、すべてが整ってまもなくTAKE OFF!……
(公式サイトより)



次はどんな展開になるのかな、と気になり面白かったです。

posted by きらっち at 17:33 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月21日

崖の上のポニョ

【監督】
宮崎駿

【主な声優】
奈良柚莉愛/土井洋輝/山口智子

【イントロ】
崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、ある日、クラゲに乗って家出したさかなの子・ポニョと出会う。アタマをジャムの瓶に突っ込んで困っていたところを、宗介に助けてもらったのだ。宗介のことを好きになるポニョ。宗介もポニョを好きになる。「ぼくが守ってあげるからね」。しかし、かつて人間を辞め、海の住人となった父・フジモトによって、ポニョは海の中へと連れ戻されてしまう。



BD版を借りてみた。思ったより時間が短かったな。


posted by きらっち at 22:02 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月30日

ダ・ヴィンチ・コード

【監督】
ロン・ハワード

【主な出演者】
トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/ジャン・レノ

【イントロ】
閉館後のルーヴル美術館。ダ・ヴィンチの有名な素描 <ウィトルウィウス的人体図> を模して横たわる、館長の死体が発見された。死体の周りに残された、不可解な暗号。その暗号の中には、その夜、彼が会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンの名前が含まれていた。



テレビで放送したのを録画して観ないまま残してあるんだけど、それを忘れてて借りてきてしまった。
個人的には前に観た天使と悪魔のほうが好きかな。


posted by きらっち at 22:21 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月29日

アマデウス

【監督】
ミロス・フォアマン

【主な出演者】
F・マーリー・エイブラハム/トム・ハルス/エリザベス・ベリッジ

【イントロ】
1823年11月。凍てつくウィーンの街にその叫び声は響いていた。「許してくれ、モーツァルト! 私が君を殺したことを!」そして老人は自殺を図り、雪の降りしきる街を病院へと運ばれた。彼の名前はアントニオ・サリエリ。かつてウィーンで最も尊敬された皇帝ヨゼフ二世に仕える宮廷音楽家であった。



好きな作品で、久しぶりに観たいなぁと思っていたところ、Blu-ray版が出ているのを知ったので観てみました。それにしても3時間は結構長いですね(^^;


posted by きらっち at 22:08 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天使と悪魔

【監督】
ロン・ハワード

【主な出演者】
トム・ハンクス/ユアン・マクレガー/アイエレット・ゾラー

【イントロ】
復活した秘密結社イルミナティは4人の枢機卿を拉致し、ローマ市内の4つの教会で順番に殺害すると予告。ヴァチカンから助けを求められたラングドンはヴァチカンを救えるのか。



最後のどんでん返しは読めてしまう展開だったかな。
でも面白かったですよ(^^


posted by きらっち at 00:07 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年05月22日

スクラップ・ヘブン

【監督】
李相日

【主な出演者】
加瀬亮/オダギリ ジョー/栗山千明

【イントロ】
バスジャック事件をきっかけに知り合った警察官のシンゴ、自由奔放なテツ、自室で秘密の実験を行うサキの3人。シンゴとテツは3ヵ月後再会を果たし、日頃の憂さ晴らしのため“復讐請け負いゲーム”を始めるが、いつしか想像もつかない方向へと転がり始める



よく分からなかった。ってか、セリフの音声が小さくて
よく聞き取れなかったよ(^^;;;;


posted by きらっち at 22:06 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年05月06日

バットマン ビギンズ

【監督】
クリストファー・ノーラン

【主な出演者】
クリスチャン・ベール/マイケル・ケイン/リーアム・ニーソン

【イントロ】
両親を殺害された後、世の中に幻滅したブルース・ウェインは、不当な闘い、弱者を餌食にする悪党を倒す手段を見つけるために世界を巡る旅にでる。

やがてゴッサムに戻った彼は、もう一人の自分の存在に気づく。それがバットマン--体力、知力、そして数々のハイテク機器を駆使し、街を脅威にさらす悪党と闘う仮面の戦士だった。
(公式サイトより)



Blu-rayレコーダー(DIGA DMR-BW930)購入から3ヶ月、やっとBlu-ray Disc作品を観た。初鑑賞作品がバットマンビギンズ。うん、まぁ、なかなかきれいだったと思うよ。内容も面白くて、あっという間に見終わっちゃった感じ。
ところで、作品とは関係ないけど、DMR-BW930での字幕切り替えや音声切り替えの方法が分かりにくい。説明書を読まず、リモコンをいろいろ触ってるうちに切り替え方法は分かったけど、分かりにくいなぁと思った。あと、十字キーで切り替え指示するんだけど、反応が悪いというか、キー操作がやりにくくて上手くキー入力できないんだよなぁ。。。


posted by きらっち at 19:18 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月02日

グミ・チョコレート・パイン

【監督】
ケラリーノ・サンドロヴィッチ

【主な出演者】
石田卓也/大森南朋/黒川芽以

【イントロ】
俺、大橋賢三は会社をリストラされて久しぶりに実家に帰ってきた。さえない気持ちで実家に届いていた手紙をひっくり返した俺は、差出人に“山口美甘子”の名前を発見する。高校時代、死ぬほど憧れたあの子。開封すると、そこにはたった一行、「あなたのせいなのだから」。戸惑う俺。高校時代の友人に電話を掛けた。しかし、再会したカワボンから山口美甘子は死んだと知らされ、俺のショックは深まる。しかも、自殺!どうして?



DVDのケースで上の説明読んだとき、結構面白そうって思ったんだけどね。サスペンス的なものかと思ったんだけどね。全然違うのね(^^;
ちなみに、自分が子供の頃は「グリコ」「チョコレート」「パイナップル」と言っていた気がする。


posted by きらっち at 21:49 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年02月21日

亀は意外と速く泳ぐ

【監督】
三木聡

【主な出演者】
上野樹里/蒼井優/岩松了/ふせえり

【イントロ】
…何をやっても目立たない平凡な主婦がスパイ募集の張り紙を見つけた!ドキドキしながら始めたスパイのミッションはなんと、”平凡に過ごすこと”だった…
(公式サイトより)



やっと借りられたですよ。借りようと思って店に行くと、いつもレンタル中で、ず〜っと借りられなかったのよね。
不思議な雰囲気で話しが進みますね。結構面白いですよ。上野樹里も結構好きなので楽しめました。
あとね、村松のおっさんが出てるのも自分的には面白い(^^


posted by きらっち at 23:54 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年02月16日

魔法にかけられて

【監督】
ケヴィン・リマ

【主な出演者】
エイミー・アダムス/パトリック・デンプシー/ジェームズ・マースデン

【イントロ】
魔法の国”アンダレーシア”に暮らす、心優しいジゼル。夢にまで見たエドワード王子との結婚式の日、彼女は魔女にダマされ、世にも恐ろしい世界へと追放される。
(公式サイトより)



歌とかアニメ部分とかスッゲぇディズニーぽいのね。ディズニー作品だから当たり前かもしれないけど(^^;
結構好きな作品ですよ、これは。


posted by きらっち at 22:09 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年02月15日

デトロイト・メタル・シティ

【監督】
李闘士男

【主な出演者】
松山ケンイチ/加藤ローサ/松雪泰子

【イントロ】
心優しき青年・根岸崇一は、オシャレな渋谷系ポップソングミュージシャンを夢見て大分の田舎町から上京。

「そのキッスの味はきっとラズベリ〜♪さっき食べたケーキの仕業さ〜」
渾身の甘いポップソング「ラズベリーキッス」でデビューを目指すが、ふとしたことから奇抜なメイクと演奏で人気を博す悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」(通称DMC)のギターボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」として活躍する羽目になってしまう。
(公式サイトより)



おもしろかった。
この場所でその格好?、とか
その格好でそんなこと言っちゃう?、とか
そんなギャップで笑う映画でしょ?


posted by きらっち at 23:17 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月31日

ハムナプトラ2

【監督】
スティーヴン・ソマーズ

【主な出演者】
ブレンダン・フレイザー/レイチェル・ワイズ/アーノルド・ヴォスルー

【イントロ】
リックとエブリンは結婚し、二人の間には8歳の息子アレックスが生まれていた。エブリンは不思議な夢に導かれエジプトのある遺跡でアヌビスの腕輪を発見するが、腕輪を狙うハフェズの手下三人に襲われる。3人は危うく逃れてロンドンの自宅へ腕輪を持ち帰る。
(Wikipediaより)



1作目に比べるとCGが満載。
でも、スコーピオン・キングのCGは無いなって思った。
あの顔を見ると、ちょっと冷める。
まぁ、1作目より派手さが増してる感があったかなぁ。


今年は32作品を鑑賞。年の初めに月2〜3本鑑賞したいってことを書きましたが、まぁ達成できたかな。秋以降はあまり観る時間が無かったんだけど、前半で結構観てたからね。来年もいろいろと観られるといいな。

posted by きらっち at 09:36 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月30日

ハムナプトラ

【監督】
スティーヴン・ソマーズ

【主な出演者】
ブレンダン・フレイザー/レイチェル・ワイズ/アーノルド・ヴォスルー

【イントロ】
現代から約3000年前。大神官イムホテップはセティ1世の愛人、アナクスナムンと浮気をしてしまう。しかし、セティ1世に疑われ、問い詰められた2人はとっさにセティ1世を殺害してしまう。イムホテップはアナクスナムンを生き返らせる事を約束し逃亡、アナクスナムンは自害する。その後、イムホテップは死者の書を手にとって部下の神官たちと共に死者の都ハムナプトラへ赴き、無事アナクスナムンを蘇生することに成功する。しかし、儀式の途中に近衛兵が乱入。儀式は中断され、部下の神官たちは罰として生きながらミイラにされた。そして、イムホテップはその残酷さゆえにそれまで一度も行われた事が無いという禁断の罰、「ホムダイ」という呪いをかけられる。呪いをかけられた者が納められた棺は開けると恐ろしい魔物になるという。
(Wikipediaより)



虫がウジャウジャ出てくるシーンとか気持ち悪いねぇ。
ハラハラドキドキ感はあまり無かったかなと感じた。


posted by きらっち at 14:42 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月29日

夜のピクニック

【監督】
長澤雅彦

【主な出演者】
多部未華子/西原亜希/石田卓也

【イントロ】
夜を徹して80キロを歩き通すという、高校生活最大のイベント「歩行祭」。
60キロまでは1000人一緒に並んで歩く「団体歩行」、そして残り20キロは、友人や好きな人と思い思いに歩く「自由歩行」。生徒たちは、夜目にも目立つよう全員が同じ白いジャージに身を包み、親しい友人と恋の話をしたり、将来への気持ちを打ち明けたりしてそれぞれの24時間を過ごす。
そんな中、高校生活最後の歩行祭に臨む甲田貴子は、人知れず一つの賭けを胸に秘めていた。
(公式サイトより)



夜中にテレビで放送してたのを観たのですが、テレビが悪いのか
なんだか音声が小さくてセリフが聴き取りにくかった(^^;
内容としては個人的には青春っぽい盛り上がりに欠けるかなと思った。


posted by きらっち at 11:45 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年11月09日

暗いところで待ち合わせ

【監督】
天願大介

【主な出演者】
田中麗奈/チェン・ボーリン/宮地真緒

【イントロ】
事故により視力を失い、父をも病気で亡くし、住み慣れた一軒家でひとり静かに暮らしているミチル。職場の人間関係に上手く馴染めず、孤立しているアキヒロ。そんな寂しさを抱えたふたりを引き合わせたのは、殺人事件だった。
(公式サイトより)



期待を上回ることもなく、下回ることもなく、
うん、まぁ、こんな感じか、という感じ。
しかし、いきなり一人暮らしになっちゃうんて。唐突だったなぁ。


posted by きらっち at 22:20 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年11月08日

ただ、君を愛してる

【監督】
新城毅彦

【主な出演者】
玉木宏/宮崎あおい/黒木メイサ

【イントロ】
大学の入学式の日、”コンプレックス”の為に式に欠席した誠人は幼い容姿の個性的な女の子、同級生の静流と出会う。
車通りの多い横断歩道を渡ろうとしている静流に誠人が声をかける。「ここは渡れないから向こうから渡った方がいいよ。」
(公式サイトより)



恋愛寫眞のアナザーストーリーなんだって。
恋愛寫眞って小池栄子の印象が強くって。。。
こちらのが個人的には好きかな。

posted by きらっち at 19:22 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年08月23日

LOFT

【監督】
黒沢清

【主な出演者】
中谷美紀/豊川悦司/西島秀俊

【イントロ】
スランプに陥り、郊外の一軒家に引っ越してきた女流作家の礼子(中谷美紀)は、人けのない向かいの建物に出入りする男を見かける。男は吉岡誠(豊川悦司)という大学教授で、沼から引き上げた千年前のミイラを無断で運び込んでいた。それ見て以来、礼子は得体の知れない恐怖に襲われるようになり、小説がまったく書けなくなってしまう。
(シネマトゥデイより)



ん〜、よく分からなかった。
結局妄想?いつからら恋愛感情を?
って思っちゃった。
タグ:LOFT 映画


posted by きらっち at 00:08 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年08月21日

パンズ・ラビリンス

【監督】
ギレルモ・デル・トロ

【主な出演者】
イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ

【イントロ】
スペイン内戦で父親を亡くした少女オフェリアは、妊娠中の母親と共に母親の再婚相手であるヴィダル大尉に引き取られて森の中にある軍の砦に住む事になる。ヴィダルは独裁政権軍でレジスタンス掃討を指揮する冷酷で残忍な男だ。彼はもうすぐ生まれる自分の息子だけを欲しがり、オフェリアの事は疎ましく思っていた。この悲しい現実から逃れるかのように、オフェリアは妖精やおとぎ話の世界に引き込まれていくのだった。ある夜のこと、彼女の前に「妖精」が現れ、森の迷宮に導いていった。
(Wikipediaより)



観終わった後、切なくなりましたよ。
ファンタジーファンタジーしたものかと思って観たのですが違ったですよ。
目を背けたくなるシーンもあったし、虫もチョット気持ち悪かったなぁ。
あ、でもウチはオススメの映画だと思いますよ。観る時は心して観てください。

posted by きらっち at 23:29 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。